投稿穴スポ掲示板
イベント情報
(今月の開催予定)
(来月の開催予定)
観光スポット
役立つ◯得情報
旅日記
オススメ品
酒と料理
コラム
リンク
HOME
竈門神社
竈門神社
神武天皇の生母、玉依姫命を祭っています。縁結びの神社として地元では有名です。
福岡県筑紫野市大字内山
地図はこちら
歴史
 宝満山の山頂と麓に上宮、下宮を持つ大きな神社です。かつては中腹に中宮もありました。  天武二年(673年)に、心蓮上人が宝満山に籠もって修行していたところ、玉依姫命が現れ、朝廷により上宮が建てられたのが、竈門神社の創建とわれています。またそれと同時に下宮周辺に寺院も建てられました。
 最澄も難破した遣唐船の修理を待つ間、宝満山に籠もり薬師仏四体をほり、入唐求法、航海の安全を祈りました。それ以後高僧の往来が盛んになり、平安時代末から鎌倉時代には学問を主に行った宗徒方300坊、修行を主に行った行者方70坊の坊舎があったと伝えられています。
 元寇の際にはここに小弐氏によって有智山城が築かれ、竈門神社に戦勝祈願がなされました。  戦国時代の武将高橋紹運もこの地に城を築き、竈門神社を守り神としました。戦国時代の長い戦乱によってこの神社も疲弊しましたが、天正十五年(1585年)に豊臣秀吉によって宝満山に三層の高楼が建てられ、小早川隆景により諸堂の再建がなされました。また黒田藩の歴代藩主の信仰も厚く、寄進、修復などが行われました。
 明治になり神仏分離によって仏教的なものは壊されました。このとき中宮は壊され今では礎石が残るだけとなっています。
 太宰府政庁の鬼門を守る神社であったことから、縁結びのほか、方除、厄除けにご利益があります。
1月1日   最旦祭
3月旧暦初牛 式部稲荷神社初午祭
4月中旬   縁結び大祭
5月中旬   宝満山峰入り
5月下旬   宝満山護摩(ごま)焚き
6月30日   大祓式
7月中旬   夏祭り
8月7日   七夕祭
10月10日  お注縄(しめ)上げ
11月3日   もみじ祭
11月15日  例祭
11月23日  新嘗祭(にいなめさい)
12月31日  大祓式、除夜際
 いろいろありますが一番盛大なのは護摩焚きでしょう。燃え盛る火の中に、人々の様々な願いが書かれた護摩木が投げ入れられ、修験の修法により不幸不運を焼き払い幸運を招くという神事が行われます。またそれが終わると護摩壇が崩され、「火渡り」の行事が行われます。
写真紹介
写真
境内
鳥居から入ってすぐに、巨木と宝満山から湧き出る山水が流れる境内に着きます。水が冷たいせいか冷たい風が吹き夏でもすがすがしい雰囲気です。
写真
神鹿園
 五家荘、平家の里より寄贈された鹿が住んでいます。
写真
式部稲荷神社
宝満山登山道の入り口にあります。
写真
上宮
宝満山山頂にある上宮です。
ここを拝むためには2km以上の山道を登らなければなりません。苦労する分ご利益もあるような感じがします。

観光スポット( 太宰府市・筑紫野市
旅日記・オススメ品( コミックDVD音楽ゲーム雑貨 )・酒と料理コラム

Copyright:(C) ANABA SPOT.All Rights Reserved.