投稿穴スポ掲示板
イベント情報
(今月の開催予定)
(来月の開催予定)
観光スポット
役立つ◯得情報
旅日記
オススメ品
酒と料理
コラム
リンク
HOME
高橋紹運公の墓と岩屋城跡
高橋紹運公の墓と岩屋城跡写真
立花道雪と並ぶ大友家の家臣の武の両輪高橋紹運公のお墓です。この場所は岩屋城の二の丸でした
福岡県太宰府市観世音寺
地図はこちら
歴史
高橋紹運公をご存知でしょうか?おそらく戦国ファンなら知ってる人も多いと思います。立花道雪と並ぶ大友家の家臣の武の両輪といっても過言ではない人物でしょう。また豊臣秀吉に「その武勇鎮西一、その忠義も鎮西一」と褒められた立花宗茂はこの人の実の息子で、道雪に請われ立花家に養子としていったものです。高橋紹運公の名を知らしめているのはやはりその壮絶な最後でしょう。耳川の合戦に衰退の激しい大友家は北上する島津家に対抗するため豊臣秀吉に援軍を請います。それで行われたのが豊臣秀吉の九州征伐です。秀吉の援軍が到着する前に一気に九州を統一しようと考えた島津軍は、1586年この地に5万の大軍を送り込みます。対する岩屋城の守備兵はわずか736名。高橋紹運は度重なる降伏勧告も拒否し、勇猛果敢に戦いこの圧倒的な戦力差にも係らず、半月もこの地を文字通り死守します。守備兵は全員玉砕、紹運の最後は切腹し腸を相手に投げつけたと伝えられています。島津軍はこの戦いで実に4,500名の死者をだし、立花宗茂の守る立花山城を秀吉到着までに落とすことができず、退却することになりました。この功績により立花宗茂は柳川13万石の大名になりました。なお立花宗茂は関が原の合戦で一度浪人になりましたが、その後大阪の陣で豊臣方に参加しなかったとの功より、柳川11万石の大名として返り咲いています。返り咲いた大名は宗茂ただ一人です。
写真紹介
写真
ここが岩屋城本丸跡です。
写真
岩屋城跡にある石碑です。
写真
岩屋城の説明が所々にあります。これを読みながら歩けば、歴史に触れる事ができるでしょう。
写真
 お墓へ行く道への目印です。これがお墓ではありません(私も一度間違えました)。ここから降りていくとお墓に着きます。ここからお墓までは、春は桜の隠れた名所です。

観光スポット( 太宰府市・筑紫野市
旅日記・オススメ品( コミックDVD音楽ゲーム雑貨 )・酒と料理コラム

Copyright:(C) ANABA SPOT.All Rights Reserved.